会社の無駄な飲み会の華麗に欠席するため3つのキャラ作りの方法 | デキるサラリーマンを応援します。

デキるサラリーマンを応援します。

〜副業でアフィリエイトを始めたら、本業以上に稼げて人生が変わったって話〜

会社の無駄な飲み会の華麗に欠席するため3つのキャラ作りの方法

   

Pocket

サラリーマンであれば、職場の飲み会は適宜開催されていますね。

同期同士だったり、
歓送迎会だったり、
忘年会・新年会なんかもありますね。

人によっては、
「今日飲みに行く?」
「行く行く〜!」
っていうくらいフットワーク軽い人もいます。

飲みニケーションという言葉もよく言われますが、それは本当に価値ある情報を得られる会食か、
信頼を構築していきたいと思える人とであれば、成立すると思います。

ですが、行きたくもない飲み会だったり、
多少なりともめんどくさいと思う飲み会もあるわけです。

実際に「会社の飲み会が嫌い」という人は
7割いるというのが現状のようです。
出典:マイナビウーマン

だって行かなくても想像つくんですが、
だいたいが会社関連の愚痴が8割くらい占めるんじゃないですんかねぇ。

上司とさらに上の役職の人が絡めば、ごますり大会が始まり、
男だけで集まれば会社にいる可愛い子の妄想話が始まるわけです。

無意識に飲み会に参加しているなら危険信号!

この「会社の飲み会」というイベントの流れに無意識に参加しているあなたは、一度会社人生を見直した方がいいかもしれません。

あなたの貴重な人生を失いかけないです。
「デキるサラリーマン」であれば、会社の飲み会は、
1次会帰宅がベター、欠席がベストです。

僕も経験があるのが、
残業をして22時を前にした頃に、上司からこう言われたことがあります。

「串焼き1本食べにいくか」

当然、1本で終わるわけがなく、23時を過ぎても
お腹がはちきれそうなくらいご飯を食べては飲みまくる。

次の日にまで胃もたれや疲れを残すという、
最悪なパフォーマンスにまで陥りました。

このように、あなたの人生を奪う飲み会は、
デメリットだらけで構築されています。

時間、お金、体力、モチベーションが奪われる

飲み会というと、一般的に1次会だけでも、
2〜3時間は飲んでいることが多いです。

そして、飲み放題ともなれば、
ラストオーダーから閉めまでの時間もあっという間ですが、
閉めるまでの時間も延々と延びたりすることもあります。

本当にめんどくさい飲み会であれば、
いますぐ返してくれ、とも思っちゃいますよね。

さらに、5000円くらい取られたりする。
一昔前であれば、景気も良かったので、
上司が太っ腹に全額おごってくれたりしたかもしれません。
景気が悪いと、飲食店の経済も悪くなるのもわかります。

そんな中、デキるサラリーマンであれば、副業する人もいます。
が、飲み会があることで、
仕事が終わってからブログ書いたり本読んだりするような、
ゴールデンタイムのモチベーションが削がれるんですね。

もう、ほんと流される人生を送るのは、
デキるサラリーマンにとって悪性腫瘍みたいなもんですから。

OZPA_945920141025150720_TP_V1

なので、会社の無駄な飲み会を欠席することに全力を注ぎましょう。
そして、飲み会を華麗に欠席するためには、
日頃からの「キャラ」がとても重要なんです。

飲み会に行くキャラと行かないキャラ。
これを見極めれば、難なく華麗に欠席もできます。

今回は、その「キャラ作り」に着目してみます。

1. 3回以上連続で断る

これは、勇気が必要な場合もあります。
そして、3回は連続で断ってみてください。
早速、飲まないキャラ確立です。

最悪1次会にいくことがマストな飲み会でも、
まずは2次会にだけは絶対に出ないことですね。

飲み会、特に2次会に対する考え方を述べた本すら出版されていますから。

そこでの断る理由はなんでもいいんです。

・この後地元で飲む予定があるので〜
・明日朝早いので〜
・家族が待ってますので〜
・最近金欠なので〜

もう終わりよければすべてよし!
その日は何を言われようと、次の日にはほとんどみんな忘れてます。

さらにできれば、

・申し訳なさそうにする
・相手に嫌な気持ちにさせない

ということを念頭に置くと、
のちの人間関係にも特に影響しません。

2. 家族想いキャラを貫き通す

先ほどの断る理由の中にもありますが、
特に「家族」というキーワードは、
家族想いというキャラを作ることもでき、
意外とポジティブな面として捉えられることもあります。

これは、子どもがいる(特に生まれて間もなく)場合は特に有効です。

また、結婚して間もない時期もとても有効ですね。

「妻が待ってますから」と、少し束縛気味にもとれるくらいの方が、
本当に好きなんだなぁと思ってもらえます。

逆に、「家族」というキーワードを出しておいても、
「家族と飲み会どっちが大事なんだ?」くらいの勢いで
強制参加させられる環境であれば、
それはいち早く関わらないようにしましょう。

また、注意しておきたのが、
よく使われる「家族の病気」関連です。

・子どもの体調が…
・親の体調が…

本当ならまだしも、
仮病で使うのはやめておきましょう。

実際に健康な家族にも申し訳ないですし、
そもそも、そういう環境を引き寄せ兼ねません。

むしろ、何度も仮病を使うと、かなりわざとらしいので、
堂々と断る方がまだマシです。

無駄な言い訳に、大切な家族を病にしてしまうのは、
もうやめましょう。

3. ランチに誘うキャラで先手を打つ

これはランチの時間を費やす妥協案にもなりますが、
飲み会という環境からは脱することができる最終手段です。

「飲みには行けませんが、ぜひ行きたいのでランチに行きましょう」
というポジティブな返し方になるので、
断られた相手も嫌な気はしません。

結局は「飲まないキャラ」は作れるのですが、
ランチという時間を相手に捧げることになるので、
ここは相手を見極めて使っていきましょう。

人の目を気にしてたら飲まないキャラもつくれない

ここまでいろいろと書きましたが、
ここに挙げているように人の目を気にしていては、
何度も連れまわされる可能性もあります。

飲み会に行かないキャラになるための一番のポイントは、
人の目を気にせず断る」ことですね。

よく言われるのが、
人間関係に影響するのではないか?
上司の評価が悪くなるのではないか?
という不安ですが、
きっと飲み会を断ったくらいでそこまで大きく影響しません。

むしろ、そのくらいで影響するような上司や環境であれば、
さっさと抜け出した方が吉です。

自分を守る意味でも、
会社の無駄な飲み会を華麗に欠席するキャラを確立してみましょう。

 - マインドセット