サラリーマンが結婚準備していく上ではブログを書くべき | デキるサラリーマンを応援します。

デキるサラリーマンを応援します。

〜副業でアフィリエイトを始めたら、本業以上に稼げて人生が変わったって話〜

サラリーマンが結婚準備していく上ではブログを書くべき

   

Pocket

プロポーズしてからが本当に早いんですよね。

プロポーズするときにサプライズを考えている人は、
その日のその瞬間に全力を込めると思うんです。

僕も、そのうちの一人で、
彼女がディズニー超好きなので、
絶対にここでプロポーズや!と半年前から思っていました。

いざプロポーズが終わるとやることが満載

結婚となると、
プロポーズしてからがスタートですね。

まず一番にやることは、
ゼクシィ購入ってとこですかね。笑

IMG_0841

いざ決断して踏みきったものの、
結婚に慣れてるわけでもないですし、
(慣れることがないように1回に全力を注ぎたいところ)
何をどうしていいかなんてのは、
まずリサーチから始めました。

お互いの両親のご挨拶があるのはわかった

まずもってやることは、
自分の親への報告と相手のご両親への報告ですね。

内容についてはあまり触れませんが、
とにかくいろんなことを準備する必要があることを知りました。

例えば、相手方のご両親にご挨拶にいくときは、
手土産を持っていくのはもちろん、
僕の場合は外でご飯を食べることにもしました。

そこはラフな感じでいいよよ言ってくださったので、
地元にあるフレンチのお店でコースを食べながら歓談していました。

次に待ち構えるのは、両家ご挨拶兼結納

この両家顔合わせってのが一大イベントっぽいことも
わかりました。

わりとしっかりめなお店で、
ある程度敷居のある空間がいいかなと思っています。
これは年明けにしようとおもいますので、
またここで簡単に報告しますね。

結納もしっかりと式をする人もいますが、
カジュアルめに顔合わせと兼ねられればと思っています。

顔合わせや結納の費用相場は、
結納会場費で約16万円、
結納品で約18万となっていますね。

すべてやるかは二人次第なんですが、
いくらでもイベントは続きます。

ん〜、やること満載ですね〜。
そして、出費がかさみますね〜。

結婚式の式場、日取りを決めていく

これは結婚式をやる人に限りますが、
やっぱり憧れはありますね。

最近では、「ナシ婚」ってのも流行っていますね。
不況のせいか、出費を抑えるカップルも多いようです。

僕は結婚式を挙げる派です。

参考記事:「ナシ婚」は流行らない?結婚式を挙げるべき4つの理由

これも、実際には規模感だったり、場所によりけりなんですが、
ざっくり見積もりもらうと平均して300万円前後くらいは
しますね。

一般的な挙式・披露宴にかかる費用総額は、
約333万円と言われていますが、
オプションをつけたりすると簡単に跳ね上がっていきます。

もはやケタ違いの買い物になってきましたね〜。

新生活するにもお金はかかってくる

結婚してからいざ2人で住もう!となれば、
もちろんいろんな準備が必要になってきます。

新生活にかかる費用の相場も、
約78万円ともいわれています。

これは、引っ越しから家具などの購入もありますが、
やっぱり新調したいもの。

ここまでくると、
こんなにお金がかかるのか、と冷や汗をかいている人も
いるのではないでしょうか。

サラリーマンであれば結婚準備のためにブログを書くべき

私もサラリーマンブロガーの一人ですが、
こういう先のことを考えると、
何かしら準備をしないと!と思うわけです。

貯金を切り崩していく、というのもありですが、
やはり経済的な収入源を作っていくべきだ、
と強く主張していきたいです。

そこで、サラリーマンの方であれば、
やっぱりブログを書いて資産にしていく、
という方法をお勧めします。

見えている出費に対して、
いきなりFXや株などリスクの高いものに手を出すのも、
勉強する時間が必要です。

結婚準備を進めていく上では、
結構新鮮なことだったり、
二人だけの発見だったり、
これから結婚準備する人向けに貴重な体験談も
お伝えできると思うんですよね。

結婚準備もリサーチが必要ですから、
同じ状況の人からすると、
共感を生んで当然な状況です。

準備の過程も情報になりますから。

 - 恋愛・結婚