サラリーマン家庭から私立中学に通わせるための4つの方法 | デキるサラリーマンを応援します。

デキるサラリーマンを応援します。

〜副業でアフィリエイトを始めたら、本業以上に稼げて人生が変わったって話〜

サラリーマン家庭から私立中学に通わせるための4つの方法

   

Pocket

サラリーマン家庭であれば、
子供を私立の学校に通わせたいと思いながらも、
家計簿とにらめっこしている方も多いのではないでしょうか。

CSS85_mbakubiwokashige20131019_TP_V

実際に、私もサラリーマン家庭ながらも
私立中学・高校に通わせてもらいましたが、
私自身も子供が生まれたら私立の学校に通わせたいと
思っています。

やはり一番気になるのは、お金

サラリーマンの平均年収は男性で
511万円(2013年)と言われています。

ある雑誌の特集では、
サラリーマン家庭が年収500万円で満足しているかというと、
84%もの人が満足していないという結果も出ています。

バブルのときとはやはり状況が全く違いますね。

一方で、首都圏では8人に1人が私立中学を受験した(2013年)
と言われているので、受験意識が高い家庭が多いことも
データで見て取れますね。

ママ友内でも、周りの子が受験していたら、
私立中学に通わせたいという気持ちにもなるかもしれません。

私立中学の平均学費はどのくらいか

東京都内の私立中学校184校を対象に、
初年度納付金を調べてみると、
平均額で936,679円となっています。

参照:平成27年度 都内私立中学校の学費の状況

ざっくりと100万〜120万くらいですかね。

これだけの学費を負担する上で、
サラリーマン家庭にはかなり頭を悩ませているようです。

サラリーマン家庭から私立中学に通わせるための4つの方法

では、サラリーマン家庭でありながら、
私立中学に通わせるためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

私は、この4つをあげています。

①本業と収入源を創る
やはり今のご時世ではこれですね。

副業・兼業が禁止されている企業の方は、
副業できる環境を整える意味でも、
今すぐに転職しましょう。

そもそも副業が出来ない企業であれば、
本業を失うリスクも当然あるわけなので、
まずはスタートラインに立ちましょう。

忙しいサラリーマンこそ、
抜け出す術を創るべきです。

【参考記事】
残業が多いサラリーマンが副業でネットビジネスをすべき4つの理由

150425274663-thumb-815xauto-19347

仮に月に5万円でも10万円でも、
副収入が入ってくる仕組みができれば、
私立中学への学費へ回すこともできますよね。

意外と、サラリーマンの方でも副業に取り組む人はいますが、
実際に稼いでいる人はそんなにまだ多くありません。

それは、環境にあったビジネスを選択すべきということと、
正しい手法を学ぶ、ということに尽きるのです。

私は、月に残業96時間しながらも、
トレンドアフィリエイトで稼いできましたから、
やはり環境創りは重要だと思いました。

【参考記事】
ネットビジネス初心者がトレンドアフィリエイトをすべき4つの理由

②固定費を減らす
収入を増やす意外には、支出を減らすことが重要ですよね。

固定費というと、例えば、

・携帯電話料金
・インターネット料金
・カード年会費
・ガス/水道/電気代金

などがあげられますよね。

意外と、使っていない会員費用や、
負担があまりにも多い固定費は多いものです。

一度、家計簿を付けて見直してみるといいでしょう。

③年収の高い企業に転職する
副業をしないのであれば、
本業の収入の柱を大きくしましょう。

今やメーカーなども赤字や倒産危機に見舞われてしまう時代です。

一方で、情報産業を中心としたIT関連などは、
年功序列を取らない給与体系の会社も多いです。

例えば、ワークポートの転職コンシェルジュ

なんかは、かなり良い案件が揃っていますね。

業界を見直すことで、収入の増え方も
変わってきますから、
環境を変えるなら今すぐだと思います。

④共働きをする
これは、奥さんのライフスタイルに関わってきます。

CSS_mbawosousasurujyosei1292_TP_V

子供もいれば、
週5日のフルタイムはキツいという方でも、
派遣で働くということも、大きな選択肢です。

創業12年目のハケン会社、ハケン先は一部上場企業のみ【三者Winのハケン】

実際に上場企業で働く派遣の人も、
正社員くらいもらっている人もザラにいます。

夫婦共々、収益源を創ることは重要ですよね。
それはお互いの理解も必要になってきます。

サラリーマン家庭でも、私立中学に通わせる方法は、
工夫次第で出来ると思います。

時代が変わってきているのですから、
働き方やライフスタイルが変わってきて当然なんです。

今からでも見直して、行動してみることが
大切ですね。

 - メンズ力UP