転職する理由を収入の低さにしてはいけない3つの理由 | デキるサラリーマンを応援します。

デキるサラリーマンを応援します。

〜副業でアフィリエイトを始めたら、本業以上に稼げて人生が変わったって話〜

転職する理由を収入の低さにしてはいけない3つの理由

      2015/09/23

Pocket

今のままでは生活が厳しい、
残業が多いが残業代が全て出る訳ではない、
といった収入とライフスタイルのバランスから
転職を考えるサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。




スポンサードリンク

今や収入が伸びにくいだけではなく、
ボーナスの削減や残業代削減といった流れが
世の中の会社・企業に見受けられますね。

AL001-3roukawohashiru20140830_TP_V1

私も残業代で収入を得ている人が多い業界にいるので
よくわかるのですが、
残業しすぎない程度に残業をする」といった
残業代調整をしている人をこれまでに多々見てきました。

入社3〜5年目であっても、
残業代が0になれば、
それこそ手取りが20万円を切る人もザラにいます。

独り身や実家暮らしであればまだしも、
家庭を持っている人や、1人暮らしの人は、
生きていくだけで精一杯という人もいます。

だからこそ選択肢にあげられるのが
転職なんですね。

ですが、私は収入面だけを理由に転職するのは、
非常に危険だと思っています。

今回は収入面を理由に転職をしてはいけない理由について
述べていきますね。

①転職しても収入が上がる保証がないから

転職をすれば収入が上がると思っていても、
実は逆に収入が下がる場合もあるのです。

もちろん待遇面を面接などで伺う場合が多いですが、
実際には残業代がでなかったり、
そこから収入の伸び具合が下がる場合だってあります。

AL005_konnnahazujyanakatta20140830_TP_V1

また、会社の業績が急激に右肩下がりに傾き、
ベースが下がったりボーナスがなくなったりと、
一概に収入が上がるとは言い切れないのです。

特に、収入面だけを見て転職をすると、
「こんなはずじゃなかった」
「前職の方が実は待遇が良かったのでは」
と後悔してしまうパターンも少なくありません。

②仕事の内容・ビジョンが見えづらいから

新しい環境に変化を求め、一歩踏み出すことはとても素晴らしいのですが、
前職で築いた資産を活かしきれなくなる場合もあります。

転職していざ仕事!と思った時には、
実は裏方の雑用ばかりだったりだとか、
自分が描いていたものと全く違う、なんてことも、
入ってみないとわからないのです。

MMO_waretagarasudo_TP_V1

収入を理由にしていると、
「収入が高くなったからいいや」という理由付けができますが、
仕事のやりがいやビジョンが見えないままだと、
さらに不安になってきます。

③収入を上げる方法は転職だけではないから

ここが一番重要ですね。

何も収入を上げるための方法が転職だけではない
ということを声を大にして言いたいですね。

PAK93_toukyoueki20150112184649_TP_V1

そもそも知らないということが多いのですが、
例えば副業してみたり、
自分で収入の柱を創る努力をすることだって可能なのです。

私の場合も、
サラリーマンをしながらも、アフィリエイトで収入の柱を創りました。

名称未設定2

それはもちろん生半可なものではありませんが、
仕事終わりや土日の時間を使って、
収入の柱を創る方が、
実はリスクも少なく効率的でもあったりします。

私が収入の柱を築いた方法は、
こちらの記事をご覧くださいね。

ネットビジネス初心者がトレンドアフィリエイトをすべき4つの理由
http://r-aoyama.jp/101/

転職も1つの手段ですが、
収入だけを見て転職するのはとても危険です。

成長のスピードを求めるのであれば、
業界を一気に変えてみたり、
今や情報のスピードが早いIT関連の業種もオススメですね。




スポンサードリンク

やりがいや新しい働き方に共感をしていければ、
どんどん実行すべきです。

一歩踏み出す前によく考えてみましょう!

 - マインドセット