今の仕事に満足が出来ないなら、日々の「選択」を変えてみる | デキるサラリーマンを応援します。

デキるサラリーマンを応援します。

〜副業でアフィリエイトを始めたら、本業以上に稼げて人生が変わったって話〜

今の仕事に満足が出来ないなら、日々の「選択」を変えてみる

   

Pocket

サラリーマンの方であれば、
だいたいの方が部署に「配属」されるカタチになっていると思います。

そうなんです、希望は出せても、
自分で部署や上司は選べないんです。

N745_su-tuwohaorusarari-man_TP_V

でも、それがいけないとかいうわけではなくて、
その環境での今の仕事に全力を投じれば見えてくるものもあります。

それは、スタンスの問題ですね。

仕事内容や上司の愚痴が出てくる時点では、
仕事を選ぶ予知はないでしょう。

しかし、全力を投じて誰もが認めるような成果をだしたり、
自分にはなかったスキルを身につけて発揮するような、
まさに前のめりの精神であれば、
チャンスを創っていくことも可能になってきます。

そして、肝心なのは、
今までと同じ「選択」をしている限り
仕事を選べる側には回れません。

N745_iyosyacyoutoobekkacyunosarari-_TP_V

いつものランチをいつものメンバーで食べ、
いつもの帰り道にあるいつもの居酒屋で飲み明かす。

何も変われないのも当然ですよね。

ここでいう「選択」とは、どんなことでもいいんです。

普段買う飲み物を変えてみる。
お昼休みの時間をずらしてみる。
いつもと違う人にお願いごとをしてみる。

そうして、自分で「選択」するクセをつけていくべきなんです。

そうでないと、
仕事もプライベートも他人に主導権を握られてしまい、
どんな環境であれ口出しできない立場になってしまいます。

そして、その内に自分で仕事を「選択」して創っていくことになります。

上司はこう言うけど、こうしたほうがもっといいな、というときは、
そんな仕事を「選択」してもらえるように流れを創るといいです。

いつしか、それが自分の思考となり、仕事になります。

僕の場合も、入社当時は言われるがままに
「やります!」「できます!」「なんとかします!」
って感じでした。

MAX88_shinzouwosasageru20141025133814_TP_V

だんだんと、その内容が理不尽なことだったり、
明らかに無意味なことも含まれてきます。

そこは自分で主張し、
「これもいいけど、こうした方がタメになる」
という価値提供の視点で提案を続けました。

それでも合わないようであれば、
部署異動の希望を出すか、
転職あるいは独立・起業でしょうね。

大企業であればあるほど、
社風が昭和の考えだったり、
年功序列が相当強い起業なんかもあります。

いまや若手こそ選択する力をを資するべきと思いますが、
そんな企業もいまではかなり増えてきています。



会社を愚痴るくらいなら、
自分で仕事を「選択」しましょう。

 - マインドセット