ビジネスで成功するイメージを描くたった4つのコツ | デキるサラリーマンを応援します。

デキるサラリーマンを応援します。

〜副業でアフィリエイトを始めたら、本業以上に稼げて人生が変わったって話〜

ビジネスで成功するイメージを描くたった4つのコツ

   

Pocket

土曜の朝から40歳上のビジネスパートナー2人と
ミーティングしてかなりの学びを得ました。

土曜の朝くらいはゆっくりしたい、
という人も多くいると思いますが、
この時間が一番はかどったりしますよね。

2015-06-27 12.13 のイメージ

彼らは、68歳、64歳と、
私からしたら祖父母世代の方々ですが、
本当にマインドが高くて日々刺激を受けます。

彼らは、ビジネスパートナーになる前から知っているのですが、
ここ最近発する言葉がまた素晴らしいですね。

ミーティングでは、ビジネスで成功するイメージがわかない
悩むパートナーの声を通して、
話し合った結果、すごく大きな気付きがあったので、
備忘録的に残しておきます。

ビジネスで成功するイメージを描く4つのコツ

①自分がなぜビジネスをしたいか、に対する答えを明確にする
ある時、私は、
なぜネットビジネスをするのですか?
とシンプルな問いかけをしました。

64歳の彼は、こういいました。
「高級車に乗って、高層マンションに住みたい」

2015-06-27 12.14 のイメージ (1)

2015-06-27 12.14 のイメージ

私からすると、それは彼にとって自己満でしかないし、
おそらく本当の欲求ではないのでは?
と感じました。

よくよく色んな話を聞いてみると、
「実は、、、妻が病気をしてまして、、、」

2015-06-27 12.15 のイメージ

私はピンときました。

高級車でも高層マンションでもなく、
奥さんとの貴重な時間を歩みたいんですよね、、、?

2015-06-27 12.15 のイメージ (1)

わかっているようで、
本当の欲求に目を向けることは本当に大事だと思います。

なぜビジネスをやるのか?

この問いを毎日のように問いかけて、答えを咀嚼して、
本当に腑に落ちるものw見つけましょう。

②自分のためはなく、誰かのために価値を提供する
上記の例でもそうです。
車やマンションは、あくまでも

「自分のため」

ですよね。

自己満の欲求を満たすだけなら、
それ以上は広がりませんね。

大切な誰かのため、
世の中に同じ想いを持っている人のため、、、

欲求が一人称から二人称になることで、
原動力が半端無く増していきますね。

誰かのためが己のため。

2015-06-27 12.16 のイメージ (1)

③ほんの小さくてもいいから成功体験を持つ
ビジネスで稼ぎたいという人は数えられないほどいると思いますが、
稼いだ経験がないからイメージがわかないという人も
たくさんいると思います。

例えば、せどりでもアフィリエイトでも何でも良いんです。

家にある不要品をヤフオクに出してみるだけでも、
お金を生み出す素晴らしい経験ですよね。

拾った松ぼっくりをヤフオクに出して
1000円で売れたという話も聞いたことがあります。

2015-06-27 12.11 のイメージ

これって、すごい自分自身にとって自信になりますよね。

なんでも良いんです。
小さな成功体験を持てばイメージが湧いてきます。

④素晴らしい仲間に出会う
これが一番大きい要素かもしれません。
人は環境の生き物ですから。

素晴らしいメンターから、
自分の常識を破壊する基準値を教えてもらえることもある。
似たような立ち位置にいる仲間が成功し始めて刺激を受けることもある。

2015-06-27 12.22 のイメージ

仲間が自分を引き上げます。

仲間が発信している情報からヒントを得ることもあります。
仲間に教えてあげた情報で仲間が成功するかもしれません。

1人でやることが一番の遠回りかもしれませんね。

ビジネスをやりたいと思った時には、
まずイメージしてみましょう。

自分がどんな人にどんな価値を提供して、
どんな世界観が実現するのか。

これにピンときた瞬間、
もうやるしか無いとなりますよね。

2015-06-27 12.13 のイメージ (1)

何かを手に入れたい、
こうなりたい、
この状況を逸脱したい。。。

人はいろんなものを望みます。

2015-06-27 12.19 のイメージ

ですが、多くの人は、
望んでいるけれども
いつどうやって何をするか、
まで明確に決まっていないと思います。

望んでいるだけでは、
当然手に入れることはできませんね。

いつ、どうやってそれらを手にするのか。

想像できないものは創造できません。

それを実現するには、
上記のような4つのポイントを押さえてイメージしてみましょう。

 - マインドセット